病は気からなんてもう古い〜症状が出たらすぐ病院に〜

ガンの脅威

放射線治療の効果とその方法

一般的にがん治療というと、手術や抗がん剤のイメージが強いと思います。 確かに、その二つが現在のがん治療のメインではあるのですが、もう一つの方法として放射線治療があります。 放射線治療は、細胞分裂の際に遺伝子に作用して細胞増殖を抑制したり、壊したりする事が出来るのでがん細胞にも有効な治療法なのです。 放射線治療は、単独で行われる事もありますが、手術や化学療法と平行して同時に行われる事もあります。 それは癌の種類や臓器別によって異なりますし、また進行具合などを含め放射線科医が総合的に判断していきます。 また、治療不可能になった進行がんにおいては、がんを治す事だけでなく、痛みの抑制や症状緩和などの効果も期待出来ます。

実際の放射線科医による治療の方法

放射線治療は専門の放射線科医によって行われ、体の外から当てる外部照射と、体の内部から当てる内部照射があります。 外部照射と内部照射を併用して治療を行う事もあります。 例えば子宮頸がんでは、外部照射に加えて、タンデムやオボイドと呼ばれる容器を体内に挿入し内部照射を併用する事で高い治療効果を得る事が出来ます。 内科医や外科医から放射線治療をコンサルトされると、放射線科医は治療プランを組んでいきます。 CTやX線のシュミレーターを用いてがん細胞の場所や大きさ、周囲の正常臓器などを正確に把握し、放射線の方向と部位と量を決定していきます。 放射線治療には特有の副作用がありますので、放射線治療後も定期的にフォローしていく必要があります。