病は気からなんてもう古い〜症状が出たらすぐ病院に〜

高齢者が注意する病気

人の多くが病気にかからないように日頃から意識しています。ですが、食生活や睡眠不足などの生活習慣の改善は簡単には行なうことができません。そんな中、脊柱管狭窄症という危険な病気があります。この病気は脊髄の中にある神経を圧迫することで痛みや痺れを引き起こす病気です。後天性の病気であり筋力が衰え、軟骨や骨が変形してくる高齢者の方が多く発症されるようです。ですので、高齢者の方は注意が必要になります。脊柱管狭窄症の症状としては、首の周りがコリ、腕の痺れが起きてきます。これは、首の近くの背骨が変形することによって起こる現象です。また、片足だけの痛みや痺れがある方も注意が必要になります。このような症状が起きた時には、高齢によるものだと考えず、病院に行き診断をしてもらうのがよいでしょう。酷い場合には歩けなくなることもあります。

脊柱管狭窄症は治療法が多く存在します。薬物での治療や、理学療法、手術での治療方法があります。重症になると病院での手術が必要になるので、症状が軽い内に改善をする必要があります。脊柱管狭窄症は症状が軽いうちにはストレッチなどを行なうことにより、自分でもある程度の対策をすることが出来ます。また、食生活にも気を付ける必要があります。バランスのよい食事をすることにより、ある程度の予防をすることが出来ます。また、脊柱管狭窄症に効果がある健康成分の多く入ったクロレラなどを摂取することにより、予防することが出来ます。